スマホカバーをつけるメリットについて

・スマホカバーをつけるメリットとは?

街中でスマホを使用している人をよく見かけますが、たまに「おっ!それは何?」と目を引くカッコイイデザインのスマホカバーを使っている人を見ます。

カワイイものに目がない若い女の子たちもスマホカバーを使っている子が多いですよね。
携帯電話のデコレーションというと一時期はスマホ本体そのものにビーズやスパンコールをギッシリ貼り付ける「デコ電」なるものが流行っておりましたが、最近ではめっきり見かけることが少なくなりスマホカバーにとって替わられている気がいたします。

アナタはスマホカバーを「つける派」それとも「つけない派」ですか?スマホカバーをつけるメリットとはを考えてみましょう。

■スマホカバーをつけるメリット

○落下などによる破損防止

スマホカバーやスマホケースの本来の目的である破損防止、シリコン製の外殻のものは実際にも効果は大きいようでポケットから取り出しそこねてアスファルトの上に落下させても本体を守ってくれることがあります。

ただ気休め程度の防御力なので過信は禁物、特にプラスティックだけのカバーや布製のモノに関してはこうした破損防止の能力は無さそうなので目的にあわせたカバーやケースを購入しましょう。

一見重量が増してデメリットが多そうな金属製のフレームのものはジーンズの尻ポケットなどにスマホをいれたまま椅子にすわってもスマホが曲がってしまう事故を防いでくれることがあります。

基本的に尻ポケットに突っ込んでいるという男性なら金属フレームのスマホケースがオススメです。

○気分によってかえられるデコレーション

スマホ本体に直接デコレーションを張り付けていた「デコ電」とは違い、カバーに装飾があるために電話の外装をその日の気分によって着替えることができるのもスマホカバーの人気のポイントです。

その日の服にあわせてスマホカバーもお着替えするなんて使い方も可能なのでオシャレに一分の隙も許さない人向けでもあります。

○取り違え防止

日本のスマホ市場なはAppleのiPhoneのシェアが頭一つ抜けているために、アッチの人もコッチの人もiPhoneなんてこともザラではありません。

飲み会などではスマホをテーブルに出したまま話に華を咲かせるなんてシーンも多いのですが同じ機種をつかっている人が多いと思わず取り違えてしまうなんてことも。

カバーをつけることによってこうした事柄を未然に防ぐことができます。

○個性のアピール

先にも出ていたようにスマートフォンのデザインはどれも同じようなモノばかり、カバーをつけていても使用中はその面積のほとんどが手で隠れてしまいがちです。

そんなスマートフォンをもっと自己主張させたい人ようの面白いカタチや大きさのスマホカバーなどもあります。
思わず他人が「おっ!」と二度見してしまうようなスマホカバーで個性をアピールすることも可能です。