スマホカバーをつけるデメリットはある?

・スマホカバーはつけるべき?つけないべき?

片手でスマホを使用中に思わずポロッっとスマホを落下、そんなときの衝撃からスマホを守ってくれるのがスマホカバーになります。
スマホはガラケーに比べると本体価格が高価ですからこうした万が一のアクシデントには備えておきたいですよね。

またこうした防御対策だけではなく、スマホカバーにはオシャレな装飾がほどこされたモノが多いので無個性なボディを一変させさりげなく自分の個性をアピールするアクセサリーにすることができます。

工業的な意匠デザインのほうが美的センスを感じる方などにはこうしたケースは無粋に感じるかもしれません。
技術者が1mm・1gを削るために寝る時間も惜しんで作り上げたのにでっかいケースを着せるのはナンセンスという方も。

スマホカバーをつけることによって得られる恩恵は多いのですが、すべてにおいてメリットだけあるワケでもなく時においては下記のようなデメリットもでてまいります。

○ドックなどへの抜き差し

充電器が本体を差し込むドック式のものや、ドックに差し込んでブルートゥースで動かすオーディオ機器などを使っている場合にはドックインさせる場合にいちいちケースやカバーから出して使わなければなりません。
(カバーから外す必要がないカバーも販売されています)

充電に関してはUSBケーブルさえあれば最近はできるものばかりなのでスマホカバーをつけたままでも問題がない場合も多いのですが、他のOA機器などの周辺なども多い机付近にスマホをいつも置くという人は雑多なケーブルがまた1本増えることになります。

スピーカーやプリンターといったスマホガジェットが好きな人には時にカバーがうざったい存在になることもあるようです。

○重量・サイズの増加

スマホカバーを使用することでどうしても電話本体よりも一回りサイズが大きくなります。
本体サイズがそもそも小さいAppleのスマホではそのメリットが若干失われることとなり、画面サイズは大きいが片手で持ちにくいといわれる大型のサムソンのスマホなどでもそのデメリットが増加してしまう傾向があります。

また各社新モデルが出るたびに数10グラム単位の軽量化を行っておりますが、カバーの重量が加わるためにこうした軽量化恩恵が損なわれることもケースのサイズによってはあります。

○実際の保護性能は?

シリコン製のケースや金属フレーム+シリコンバンパーを組み込んだケースであれば座った状態からの落下に対してその衝撃を少々緩和する性能は発揮されます。
ただスマホそのものが非常に精巧かつ繊細なつくりであるために例えケースがあっても落下させた場合には100%保護できるといった部類のものではありません。

内部には割れやすいガラスやプラスティック基盤が使われている為にケースをつけていてもちょっとした衝撃で壊れてしまう事は十分にあります。
また布製やプラスティックのスマホケースはおしゃれ目的のためにこうした衝撃などからは守ってくれる能力は皆無であり、革製のケースのほうが衝撃や汚損にも強くなっております。

○秘めた趣味がバレてしまうことも

スマホケースのプリントに好きなアニメやタレントさんのプリントを使用している人も多いようですね。
一人でみてニンマリするぶんには誰にも迷惑をかけずに済むのですが、不意の電話で人前に取り出したときにドン引きされるなんてこともしばしばあるようです。
スマホケースもTPOをわきまえて着替えさせることをオススメいたします。